オルビスミスターとバルクオムを徹底比較【あなたはどっちでケアする?】

バルクオムとオルビスミスターは、どちらも知名度の高いスキンケア用品なので迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

だって肌に合わないと使わなくなっちゃうので失敗したら嫌ですもんね。

そこでバルクオムとオルビスミスターの両方を使ったことのある私が、様々な角度から検証して徹底比較してみました。

スキンケア選びの参考にしてくださいね。

オルビスミスターとバルクオムを徹底比較

今回比較してみたのは6項目です。

  1. コスパで比較
  2. 洗顔フォームの泡立ち
  3. 洗い上がりの感じ
  4. 化粧水の保湿力
  5. 化粧水の使用感
  6. 香りの比較

スキンケア選びで大切になってくるので、じっくりご覧ください!

ちなみに私の肌質をお伝えしておくと、脂っぽいけど乾燥していて刺激の強いスキンケア用品は苦手という感じです。

私の肌質に合ったのはバルクオムでした。

それではコスパ比較からしていきます。

コスパで比較

オルビスミスターとバルクオムを徹底比較

毎日使うスキンケア用品なので、コストパフォーマンスも重要になってきますよね。

結論から言っちゃうと、バルクオムは高いです!
まさに贅沢!

洗顔と化粧水の金額を比較してみたので、下記の表をご覧ください。

洗顔のコスパ

オルビスバルクオム
定価(税込)1,430円2,200円
内容量110g100g
単価(1gあたり)13円22円

洗顔フォームに至っては2倍くらい単価の差がありますが、補って余るほどバルクオムの使用感は良いと思います。

特に洗顔に関しては金額だけで選ぶと合わなくて後悔することも多いので、肌質に合わせて選ぶようにしてくださいね。

化粧水のコスパ

オルビスバルクオム
定価(税込)1,760円3,300円
内容量150ml231ml
単価(1gあたり)12円16円

化粧水もバルクオムの方が高めです。

保湿力が高いから、ちょっとずつ使えば節約しながら使えるかもです!

デフォルトのパッケージは思ってる以上にドバドバ出ちゃうこともあるので、100円ショップなどに売っているスキンケア用のスプレーやプッシュボトルに入れ替えると、適量ずつ使いやすくなると思います。

毎日のスキンケアにいくらお金をかけるかは人それぞれですが、本格的なお手入れとして導入しやすいのはオルビスミスターですね。

 

公式サイト:オルビスミスター

それでは洗顔・化粧水の使用感の比較です。

洗顔の泡立ち

まずは洗顔フォームからチェックしていきますが、オルビスミスターはペースト状でバルクオムはやや固形のタイプです。

実際に手に取ってみた様子は下の写真をご覧ください。

 

オルビスミスターとバルクオムを徹底比較

それでは泡立てネットを使ってもっちりと泡立てていきます。

バルクオムは見た目は固形石鹸のような感じですが、しっかり泡立ちますのでご安心を。

 

オルビスミスターとバルクオムを徹底比較

どちらも泡立ちは良いです。

細かく評価すればバルクオムの方がもっちり濃密だし、めちゃくちゃ気持ち良い!

ただパッケージの使いやすさはチューブタイプのオルビスミスターですね。

公式サイト:バルクオム

洗い上がりの違い

洗い上がりは全く印象の違う洗顔料です。

オルビスミスターは脂をしっかり落ちてさっぱりする使用感で、バルクオムは突っ張らないしっとりとした使用感です。

化粧水の使用感

オルビスミスターとバルクオムを徹底比較

化粧水に関しても使用感は大きく異なります。

オルビスはこれ1本のオールインワンタイプの化粧水ですが、バルクオムは化粧水だけど保湿力が高いのが特徴です。

 

手に取ってみるとこのような感じです。

  • オルビスミスター ジェル状
  • バルクオム 少しとろみのある液体

オルビスはジェル状と言っても肌につけた瞬間に液体に変わる不思議な使い心地です。

どちらもスーッとなじんでいく感じがして気持ち良い!

塗った後のベタつきはどちらの化粧水も少ないので、男性向けスキンケアで重視されているさっぱりした使用感です。

化粧水の保湿力

肌質によって油分の少ないサラッとした使い心地が良いか、乾燥気味で保湿力が欲しいの2つに分かれると思います。

ということで私なりに考えてみた化粧水の選び方は以下の通りです。

オルビスは洗顔から化粧水まで徹底的にすっきりサラッとした使い心地が特徴で、バルクオムはしっとり感を重視した使い心地です。

オルビスミスターは化粧水だけだと、髭剃り後にちょいヒリヒリしたかな!

反対にバルクオムは髭剃り後でもシミない使い心地でした。

香りで比較

香りについてですが、オルビスは無香料なので匂いがありません。

バルクオムは洗顔・化粧水ともにふわっと香る甘めの香りがありますので、香料が苦手な方はオルビスを選ぶようにしましょう。

私はスキンケア用品にありがちなキツい香りが苦手ですが、バルクオムの香りは嫌味のない甘めの香りなので好印象です。

バルクオムならスキンケアの時間がちょっとリッチな気分に!

以上が実際に使ってみた感想です。

まとめとして、オルビスミスターがおすすめな人の特徴とバルクオムがおすすめな人の特徴をピックアップしていきます。

こんな人はオルビスミスターがおすすめ

  1. さっぱり重視
  2. コスパも譲れない
  3. 本格的なスキンケアは初めて

有名なブランドが販売しているスキンケア用品でありながらもコストパフォーマンスに優れたオルビスミスターは、本格的なスキンケアが初めての方にぴったりだと思いました。

オルビスミスターは洗顔・化粧水ともにさっぱりした使用感!

公式サイト:オルビスミスター

オルビスのお得な始め方

オルビスミスターはトライアルセットで肌の調子を見てみるのがおすすめです。洗顔・化粧水・ナイトクリームの3つを3週間ほど試してみて肌との相性をチェックしてみましょう。

トライアルセットについてはこちらのページでレビューしています。

オルビス

スキンケア用品って少ししか入ってないのに高いし、肌に合わなかったらそれ以降は使わなくなっちゃうのが悩みですよね。 そこで今回は、口コミでも良いと評判のオルビスのメンズライン『オルビスMr』のスキンケアセット(洗顔・化粧水・ナイトクリ[…]

オルビスミスタートライアルセットの口コミと使用レビュー

こんな人はバルクオム

  1. しっとり重視
  2. 贅沢な気分
  3. 香りも大切

洗顔、化粧水ともにしっとりとした突っ張らない使い心地が特徴のバルクオムなら、髭剃り後にヒリヒリする私でもシミない使い心地でした。

ただ、コスト的に贅沢なスキンケアですね!

公式サイト:バルクオム

バルクオムのお得な買い方

バルクオムは洗顔・化粧水セットから始めるのがお得ですよ。洗顔・化粧水・泡立てネットの3点セットで肌の調子を見極めてみてくださいね。

バルクオムの洗顔・化粧水セットの内容についてはこちらのページをご覧ください。

バルクオム

メンズスキンケアで人気のバルクオム 洗顔・化粧水セットを始めてみました。 [word_balloon id="4" size="S" position="R" name_position="under_avatar" radius=[…]

バルクオム 洗顔・化粧水セットのレビュー

 

スキンケアで好印象の男に

オルビスミスターとバルクオムを徹底比較

オルビスミスターとバルクオムはともに人気の高いスキンケア用品です。

本格的なスキンケア用品なのでそれなりに値段はしますが、やはり綺麗なお肌でいることは好印象につながります。

こだわりのメンズコスメでさっぱりツルツルの肌!

バルクオム FACE CARE COURSE
4.5

バルクオムのスキンケアならまずはお試しセットがおすすめです。
洗顔後もつっぱり感がなく、化粧水と併用することでうるおいをしっかり補給できます。

ほんのり甘い香りも絶妙。
第一印象で差をつけるならバルクオム。