男が結婚したいなら取るべき行動とは?

本記事では、結婚したいと思った時に男性が取るべき行動と題しまして、出会いから結婚までの流れを説明しながら今取るべき行動について解説しています。

 

いまあなたが「結婚したい!」と思っているけど、どうしたらいいか分からないという状況なら本記事をご覧になっていただき、そのとおりに行動すれば、間違いなく結婚に向けての第一歩を踏み出すことができます。

 

  • 出会いから結婚までの流れ
  • パターン別の出会い方
  • 結婚するための行動

以上が主な内容となっています。

 

人それぞれ置かれた状況や環境は違います。周りに異性がいない状況だと相手を見つけるのが大変ですよね。

そんな方にご覧いただければと思います。

 

理想の結婚に向けて一歩ずつ歩んでいきましょう。

結婚したいなら取るべき行動

まずは結婚までの流れについて見ていきます。

 

ざっと解説していきますが、大半の人が一生に1度しか経験しないことなので、何となく頭の中ではイメージできるけどどうすればいいの?といった方も多いと思います。

まずは私の経験を踏まえて、結婚までの流れを解説していきますね。

結婚までの流れとは?

出会う

出会うことが最初のステップとなります。後ほど解説しますが、最初のステップであり一番難しいところです。

 

どのように出会いを作っていくかが大きなポイントです。

本記事のメインテーマにもなりますので、すぐに読みたい方は次の章まで飛ばして読んでくださいね。

交際を申し込む

良い女性がいたら数回デートしたのちに交際を申し込みます。

【チェック項目あり】デート前に気をつけたいことは?

関連記事

デートの前は、ちゃんと鏡を見て自分の状態をチェックしていますか? 「上手くいくかな、服装はどうかな?」と言ったように、デート前には気になる部分がたくさん出てくると思います。 そこで今回は、デートの前に気をつけたいチェッ[…]

デート前のチェックリスト

 

恥ずかしいなんて言っていたら次のステップには進めませんので、積極的にいきましょう。もし失敗した時の不安が付きまとうようであればこのように考えると良いでしょう。

 

「女性は星の数ほどいる。いま目の前にいる人がダメでも、もっと良い女性が必ずいる」と考えるようにしましょう。

もしお断りされたとしても、その女性よりも良い女性を見つけたときにはきっと過去は忘れているはずです。人間なんてそんなもんです。

 

交際期間中に相性を確かめる

交際OKを返事をもらったら、じっくりと相性を確かめていきます。交際期間も大切ですね。

 

イギリスの神学者トーマスフラーの名言に、

『結婚前には両目を大きく開いて見よ。結婚してからは片目を閉じよ。』

というものがあります。

 

交際期間中は楽しくて恋しくて相手の欠点が見えてないんですね。本当に人間の本能を捉えた素晴らしい名言であると思います。

この名言が生まれたのは1600年代ですので、今も昔も変わらないということでしょう。交際期間中は浮かれてしまわぬように冷静になって、恋人としてではなく『結婚相手』としてどうか?を真剣に考えながら過ごすようにしていきましょう。

 

なので、3ヶ月交際したらすぐに結婚と考えずにある程度の交際期間を設けることで冷静な判断がしやすくなってくるでしょう。

プロポーズ

交際期間中に相性を確かめた上で、あなた自身が「この人となら大丈夫だ」と思えたら、プロポーズして結婚を申し込みましょう。

 

プロポーズの仕方はお相手の女性が喜ぶようにしてあげるといいのではないでしょうか。私の場合は、派手な演出もなく家でゆっくりしているときに言いました。

 

幸せの絶好のタイミングかと思いますが、あくまでスタート地点です。私自身は地に足つけて歩みたかったので演出等はしませんでした。

相手のご両親に挨拶

双方に結婚の意思が固まった場合は、相手のご両親に挨拶へ行きます。

スーツを着てパリッとした雰囲気で臨むと良いでしょう。特に難しいことはありません。「娘さんと結婚させてください」でいいと思います。

結婚

2人の間でもご両親にも承諾を得られたら、晴れて結婚となります。かんたんではありますがこれが一連の流れになります。

その後の『婚姻届を出して〜』と言った流れもありますが、ここでは省略させていただきます。

 

話を最初に戻しまして、一番難しいけど肝心な「出会い」のステップの話です。

出会うことが最初のステップであり一番難しい

タイトルの通り、出会うのステップが一番難しいのです。

自然な出会いは難しい【出会っている人の行動とは?】

これこそが結婚に向けての最大のハードルとなりますので、いかに出会っていくかを考えて行動していくと良いでしょう。

 

私のケースと友人のケースに分けて、考え方や行動を解説していきます。

私のケース

私の場合は紹介で出会って結婚したのですが、結婚したいと感じたときには友人に「誰か紹介してくれいない?」と声をかけていました。

私の中で思いついた行動はこれしかなかったのです。

自分の頭の中では・・・

 

  • 容姿に自信がないからマッチングアプリはきつい
  • 街コンや合コンは惨敗した過去
  • 友人関係からスタートがいいかも

 

という考えのもと、いい年して「紹介して!」というのはちょっと恥ずかしかったですが、恥ずかしいといった感情よりも結婚したいという感情が上回っていたため体が自然と動いたものと思われます。

 

社会人向け!結婚相手の探し方【3選】ステキな出会いをみつけよう

関連記事

もしかして、仲間内で結婚してないのって僕だけ? 社会人になると周りが結婚しだして少し焦る気持ちも芽生えてきますよね? 学生時代から彼女る人はそのまま結婚相手になったりするので、『取り残されているの自分だけじゃん』ってなってきます。[…]

社会人の結婚相手の探し方

 

友人のケース

友人の場合は「自分1人じゃ出会いもないし無理だ!」と早々に婚活サービスに登録していました。

友人の考えは・・・

 

  • 今の生活では出会いはない
  • 費用はかかってもいい
  • 出来る限りのサポートを

 

友人には友人の考えとポリシーのもと行動しました。

 

具体的な一歩でいうと、

  1. 婚活サービスで自分にあったところを調べてみる
  2. 資料請求してみる
  3. カウンセリングに行ってみる

といった感じです。

3社くらい行ったようで自分の予算と希望似合いそうなところで婚活をスタートさせました。

 

結婚相談所の失敗しない選び方

関連記事

結婚相談所はたくさんあってどう選べば良いか困りますよね。 そこで今回は、これから婚活していく人に向けて結婚相談所の選び方や注意点などを解説していきます。   ひと口に結婚相談所と言ってもタイプがたくさんあります。 […]

結婚相談所の選び方

 

大半の方が調べると行った行動までは進むのですが、その先に進むことをためらってしまうケースが多いように感じます。友人の場合はスパッと行動してお見合いもサクッと勧めてあれよあれよという間に結婚してしまいました。

 

2人場合で比較してみましたが、どちらのほうが良いとはありません。自分のライフスタイルと性格に合わせて、『出会うための最初の一歩』を踏み出してください。

もし婚活サービスの利用を検討しているなら、独身であることと安全であることの両方が約束された婚活サービスを使いましょう。

行動すれば理想の結婚が現実に

自分の状況を考えて適切な行動を取ることで結婚に向けて歩みだすことができます。特に大切なことは、どのようにして『出会い』を作っていくかです。

 

そもそも相手がいなければ結婚はできませんから、自分の性格や状況に合わせて一歩踏み出してみてください。それが理想の結婚への第一ステップです。

 

「紹介をお願いしにくいや、声かける人がいない・・・」という方は、やはり婚活サービスがおすすめです。まずは資料請求して自分にあうサービス選びから始めていきましょう。

男女共通!婚活に失敗する人の特徴

関連記事

これから婚活していこうと考えているなら、予め結婚相談所で成果を上げている人の特徴を知りたくありませんか? このページは、婚活の現場で入会者をサポートしている結婚相談所の婚活アドバイザーに聞いたお話をもとに作成しています。 [w[…]

婚活 失敗する人 特徴
お住まいの地域から結婚相談所を探す
北海道 北海道
東北 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県
関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
近畿 三重県 滋賀県 奈良県 和歌山県 京都府 大阪府 兵庫県
中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県
四国 香川県 徳島県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

結婚相談所の資料を一括請求するなら、結婚情報比較ネットがおすすめです。

年齢・性別・お住まいの地域を入力するだけで、あなたに合う結婚相談所の資料を無料で届けてくれます🎵

公式サイト:結婚情報比較ネット